音楽を楽しめることを第一に

ピアノをずっと続けてほしいから。
楽しければ続くと思いますし、せっかく弾くなら楽しい方が良いと思っています。

① 生徒さん一人一人に合わせます

お子さんのペースに合わせ、頑張ってどんどん進むなら、色んな曲に挑戦出来ますし、のんびり一曲一曲を丁寧に弾くのも良いです。

生徒さんの個性に合わせます。
生徒さんによって、得意なものが違います。

譜読みが得意な子、リズムが得意な子、曲の感じを掴むのが上手な子など様々です。

得意なものは伸ばし、苦手なものは時間をかけて補っていきます。

② 曲選びを大切に

曲が進むにつれて、難しくなっていくのは当然ですが、難しくて楽しくないと練習も捗らないと思います。

そんな時は、合間に、弾いてみたい曲、憧れている曲などを練習します。

③ アットホームな教室に

先生と生徒さんの壁を作らない、何でも話してもらえる関係を心がけています。

「先生の前だと緊張して弾けない」
にならない様に気をつけています。